You can translate

新入生募集

IT企業によるサポート

オープンキャンパス・説明会の日程はこちらから

システム開発実践科とは

現場で役立つ実践的なプログラミング技術を身につけた人材を育成

プロを養成し続ける20年以上の実績と経験
システム開発実践科
システム開発実践科では1年目はJAVA言語やC#言語、サーブレット等のプログラム言語から組み込みソフトまで幅広く学んでいきます。

2年目はシステム設計・開発と、より現場志向で実務に近い形で学ぶ事が出来ます。

1つの作品をチームで作成したり、講師が「プロジェクトリーダー」、生徒が「技術者」という開発チーム形式でプロジェクトを疑似体験したりするので、実務さながらのカリキュラムとなっています。

少人数性の徹底指導
ICT専門学校では大学や予備校のような大教室での講義ではなく、1クラス20名の少人数による実践的な講義を実施しています。

生徒一人ひとりに対して目が行き届くので、分からないところもすぐに質問ができ、初心者でも安心して授業を受けることができます。

知識も技術もオールマイティに習得。ハイスキルなプログラマーを目指す。
「理解」して「経験」する。苦労して組み上げたプログラムが完成した時の歓びはとても大きい!
知識も技術もオールマイティに習得。ハイスキルなプログラマーを目指す。
就職後に必要なこと。即戦力と言われたい!
実際の仕事のようにプロジェクト形式で実践的に学び、現場で即戦力となれる力を身につけていきます。
■ Java / DB / サーブレット
金融、製造、経理、電力系システムなど、あらゆる業務用システムのパターンに対応できる技術を習得します。

■ C言語
C言語の機能をフルに使ったプログラムを作成します。
■ 組み込みソフト
ハードとソフトをバランスよく学び、求められる最適なシステムを設計できるエンジニアをめざしています。
仕事のヒントがもりだくさん!
IT業界ビジネスリーダーの生の声は仕事に活かせるヒントがたくさんあります。
最先端で活躍するビジネスリーダーから業界の今と就職のノウハウを学ぶことができます。企業側の本音や、生の声をきくことで早い時期から就職へ意識を向けていきます。夢の実現やキャリアアップにとっての大きなヒントを手にいれることでしょう。
現場を経験したプロの技術が強い味方!
「業界の今」を知っているから、現場で求められるスキルをしっかり伝授。
専任講師が一人ひとりを徹底サポートすることで、卒業するまでには1人できちんとプログラムできるようになっています。2年目はグループワークなど実践に近い内容の授業を行います。責任感を持って作品を仕上げる自立力・実践力と、仲間と協力しながら作り上げていくコミュニケーション能力の向上をはかります。

システム開発実践科
2年間の流れ

1年前期

コンピュータ基礎

1年後期

プログラム基礎

2年前期

プログラム応用

2年後期

制作・商品開発

基本的なコンピュータの操作からレベルに応じたアプリケーションの利用技術を学ぶことからスタートしますので、初心者でも大丈夫です。 プログラミングの基礎を徹底的に習得します。現在のコンピュータに欠かせないネットワーク、データベース、セキュリティの専門知識の基礎をしっかり固めます。 各種プログラミング言語をマスターし、さらなる専門技術を習得.。ネットワーク技術やデータベース技術についてもより一層深く学んでいきます。 これまで学習した知識・技術をベースに、グループでのシステム開発にも取り組み、技術力の向上とともにより高度な人間力を養います。

システム開発実践科
学びの全体像

教養・基礎

基本情報技術者試験対策

経済産業省が行う国家試験。

試験合格に向けた対策を行います。

ハードウェア・ソフトウェア・データベース・セキュリティーなどITに関する基礎知識からプログラミングに関する内容まで幅広い範囲から出題されます。

ソフトウェア開発会社に勤務しているエンジニアにとって実務のベースとなる資格です。

キャリア教育

ICT専門学校の講師はIT業界で活躍した経験を持つプロの講師。

業界の実情をよく知っている先生から、仕事内容や就職活動に関するアドバイスを受けることができます。

また、履歴書や職務経歴書の書き方、模擬面接までの就職活動対策を実施し、生徒が希望する就職先へつなげていきます。

先端情報

IT業界の最先端で活躍するビジネスリーダーから業界の今と就職のノウハウを学びます。

企業側の求める人材や本音、現場の生の声を聞くことで早い時期から就職へ意識を向けていきます。

目標の実現やキャリアアップにとっての大きなヒントを手に入れることができます。

専門分野

Java

Javaはオブジェクト指向のプログラミング言語で、現在実務の世界でも大変需要が高く、Webアプリケーション、Androidなどの携帯端末や一部の組込系など様々な用途で用いられています。

最近ではHadoopやLuceneなどの大量データを扱うためのソフトウエアや、Google App Engineなどのクラウドサービスでも利用されています。

ICT専門学校では、Javaのオブジェクト指向の考え方を、初心者の方にも分かり易く、基礎から実践、又、Androidアプリの開発まで段階的に学習していきます。

C言語

C言語は、きわめて広く使われている汎用的な命令型プログラミング言語で、その後に生まれたプログラミング言語に大きな影響を与えています。

例えばLinuxやWindowsなどのOSは、多くの機能がCで書かれています。Webサーバーやメールサーバーなども、Cで書かれているものが多いです。

ICT専門学校ではフローチャート(処理の流れ図)の作成から組込み系プログラミングまでを初心者でも理解できるように段階的に学習していきます。

C言語で、最も難解といわれるポインタ、構造体、共用体についても、初心者にわかりやすく説明しています。

SQL

データベースを用い SQL サーバーを起動すれば端末から SQL を用いてデータベースにアクセスし、制御することができるようになります。

SQL を使うことで、組織的に膨大な情報をスマートに管理することができます。

データベースを利用したアプリケーションの開発等の際に重要になってくるSQLを学習します。

サーブレット

サーブレットはJavaで作成されたプログラムです。

WebブラウザからWebサーバー上のサーブレットが呼び出されると、必要に応じて検索を実行してHTML文書を動的に生成し、Webブラウザに返します。

この機能を用いてショッピングサイトやオンラインバンキングなどをはじめとする多種多様な動的なWebサイトが構築されています。

Visual C#

Cというプログラミング言語を、ビジュアル的に操作しやすくした開発環境です。

Visual C#はWindowsのアプリケーション開発に多く利用されます。

Visual Studio を使って、デスクトップ アプリケーション、Web アプリケーション、電話アプリケーション、ゲームアプリケーション、Windows ストア アプリを作成できます。

Linux

ソースコードが全て公開されているオープンソースが最大の特徴であるLinuxは、セキュリティやコストパフォーマンスに優れ、企業のWebサーバを中心に シェアが拡がっています。

また、近年ではクラウドコンピューティングの普及が進みさらに注目度が増していますが、それに反して技術者が不足しています。

ICT専門学校ではLinux初心者の方を対象に、Linuxの基本操作からLinuxサーバ構築・運用管理まで学習しシステムの構築や運用管理技術を習得します。

サーバ構築

Linuxの基本操作を学習した後、Linuxサーバの構築・運用管理について学習します。

Linuxサーバ構築演習を通して、現場で即戦力として活躍できるスキルを身につけることができます。

さらに、世界共通のLinux技術者認定試験LPICの取得も目指すことができます。

システム設計

コンピュータを利用したシステムやソフトウェアなどを開発・構築する過程で、システムの目的や仕様、動作などを決める工程について学習します。

業務システム開発における基本設計書、詳細設計書などを実際に作成します。

近年ではプログラミングだけでなく、設計が可能なエンジニアが求められています。

目標取得資格
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • Linux技術者認定試験
  • CCNA (シスコ社)

お問い合せフォームへ

WEB開発実践科とは

「発想と技術で」次世代のクリエーターに!

目標は実務経験2年と同等レベルの技術者
WEB開発実践科
WEB開発実践科では、WEBサイト制作を中心にWEB業界で活躍できる技術を幅広く学習し、ITクリエイターとして、徹底して実践力を身につけます。

CG制作やWebサイト構築、Webアプリケーションソフトまで高度な技術力を養成します。

「発想」と「技術」を中心にスピードとコストとPR方法など業界で活躍するための要素をリアルに学びます。卒業後はグラフィックデザイナーやWebデザイナー、Webプログラマー、Webディレクターを目指します。

少人数性の徹底指導
ICT専門学校では大学や予備校のような大教室での講義ではなく、1クラス20名ほどの少人数による実践的な講義を実施しています。

生徒一人ひとりに対して目が行き届くので、分からないところもすぐに質問ができ、初心者でも安心して授業を受けることができます。

知識も技術もオールマイティに習得。発想力豊かなクリエイターを目指す!
「アイデア」を「カタチ」にする。「おもしろい!」と言ってもらえるWEBサイトを作りたい!
知識も技術もオールマイティに習得。ハイスキルなプログラマーを目指す。
就職後に必要なこと。即戦力と言われたい!
実際の仕事のようにプロジェクト形式で実践的に学び、現場で即戦力となれる力を身につけていきます。
■ PC基礎
ビジネス書類作成定番のMS Officeはもちろんのこと、多くの基本ソフトの操作を学習します。
■ Webデザイン
ユーザビリティを意識したサイト設計デザイン、SEOを意識したコーディング技術、インタラクティブ表現を可能にするjavascriptなど最先端のWebデザイン、グラフィックスキルを体系的に学びます。
■ Illustrator Photoshop
デザイナー必須ツールのIllustrator&Photoshopをマスターし、洗練されたデザインテクニックを習得します。
■ WEBアプリケーション開発
WEBアプリ開発言語の一つであるPHPを学習し、WEBサーバーに関する知識を学びます。
仕事のヒントがもりだくさん!
IT業界ビジネスリーダーの生の声は仕事に活かせるヒントがたくさんあります。
最先端で活躍するビジネスリーダーから業界の今や、就職のノウハウを学ぶことができます。早い時期から企業側の本音や、生の声をきくことで就職へ意識を向けていきます。夢の実現やキャリアアップにとっての大きなヒントを手にいれることでしょう。
現場を経験したプロの技術が強い味方!
「業界の今」を知っているから、現場で求められるスキルをしっかり伝授。
専任講師が一人ひとりを徹底サポートしながら、業界必須の専門アプリケーションの操作法を学び、プロのテクニックを習得します。2年次ではグループワークなどを通し、実践に近い内容の授業を行います。次世代IT技術を意識したWEBサイト構築やWEBアプリなどの商品開発の流れを理解し、作品を完成させていきます。
グラフィックデザイナー
デザイン業界で必須のIllustratorやPhotoshopを使用し、オリジナル性豊かなCGを制作。想像力・デザイン力が発揮できる仕事!
Webデザイナー
Web業界で最も人気のある職種がWebデザイナー。自分のデザインセンスが活かせそのまま形になるやりがいのある仕事!
Webプログラマー
Webシステムを開発する仕事。問い合わせフォームやショッピングカート、データベースを使用したシステムまで幅広く開発します!
Webディレクター
Webデザイナー、Webプログラマーなど制作スタッフをまとめ、プロジェクト全体の進行管理・品質管理をする仕事!

WEB開発実践科
2年間の流れ

1年前期

コンピュータ基礎、
グラフィックデザイン基礎

1年後期

WEB基礎

2年前期

WEBプログラム基礎

2年後期

マルチメディア応用、WEBサイト制作・商品開発

基本的なコンピュータの操作からレベルに応じたアプリケーションの利用技術を学ぶことからスタートしますので、初心者でも大丈夫です。 HTML言語とCSSを学習し、Webサイトの構築に必要な言語知識を身につけます。ITに関する基礎知識、マークアップ言語の重要性などを学習します。 サーバーサイドのスクリプト言語であるPHPを学習し、データベースとの連携の仕組みや、WEBアプリケーション開発、サイト管理システムの構築などについて学びます。 アニメーションや動画編集、次世代のスマホを意識したWEBサイト制作など、マルチメディア要素を取り入れた商品開発に取り組みます。

WEB開発実践科
学びの全体像

 

教養・基礎

基本情報技術者試験対策

経済産業省が行う国家試験。

試験合格に向けた対策を行います。

ハードウェア・ソフトウェア・データベース・セキュリティーなどITに関する基礎知識からプログラミングに関する内容まで幅広い範囲から出題されます。

ソフトウェア開発会社に勤務しているエンジニアにとって実務のベースとなる資格です。

キャリア教育

ICT専門学校の講師はIT業界で活躍した経験を持つプロの講師。

業界の実情をよく知っている先生から、仕事内容や就職活動に関するアドバイスを受けることができます。

また、履歴書や職務経歴書の書き方、模擬面接までの就職活動対策を実施し、生徒が希望する就職先へつなげていきます。

先端情報

IT業界の最先端で活躍するビジネスリーダーから業界の今と就職のノウハウを学びます。

企業側の求める人材や本音、現場の生の声を聞くことで早い時期から就職へ意識を向けていきます。

目標の実現やキャリアアップにとっての大きなヒントを手に入れることができます。

専門分野

Java

Javaはオブジェクト指向のプログラミング言語で、現在実務の世界でも大変需要が高く、Webアプリケーション、Androidなどの携帯端末や一部の組込系など様々な用途で用いられています。

最近ではHadoopやLuceneなどの大量データを扱うためのソフトウエアや、Google App Engineなどのクラウドサービスでも利用されています。

ICT専門学校では、Javaのオブジェクト指向の考え方を、初心者の方にも分かり易く、基礎から実践、又、Androidアプリの開発まで段階的に学習していきます。

デザイン概論

評価されるホームページ、来て頂くホームページを構成するにはデザインは非常に大きなウェイトを占めます。

そのため、WEBデザインの考え方、レイアウトの基礎、デザインプロセス、色の使い方などデザインセンスを磨いて頂く事を目的にしています。

画像加工、映像加工では、WEB業界、デザイン業界で標準ツールとなっているPhotoshop、Illustratorを使用できるようになるため、基本的な操作から実務的な使い方などを実習を通して習得します。

Androidプログラミング

Android最大の特徴は、その開発環境が無料であり、Windowsマシンで行えるため非常に容易にスタートが可能です。誰でもどんなメーカーでも、開発に参入できるため、Androidアプリ市場は急成長を遂げています。

また、スマートフォンアプリ開発者の就職・転職市場でも注目されており、アプリ開発者を求める企業はますます増加しています。

また開発言語もJavaを利用するので、アプリ開発だけにとどまらず幅広いアプリケーションの開発ができるようになり、将来性のあるスキルといえます。

ICT専門学校ではJavaの学習と並行してさまざまなAndroidアプリケーション開発に実践的に取り組み、スキルを高めます。

Web

基礎からWebサイト制作の実践演習を行います。

Web制作の現場では、Web標準に準拠した正しいHTML&CSSの記述が求められています。

ICT専門学校では、HTMLタグやCSSへの理解、正しいマークアップの文法・記述など、基本から応用・実践スキルまで習得します。

PHP

WEBプログラマーの実務的な知識・技術の習得をします。

WEB業界で多く使用されているPHPを学んで頂き、動的なページ(個人情報入力、お問い合わせ、結果出力)作成の技術を学んで頂きます。

またサイト管理システムとして活用されているWordPressを学習し、Blog開設からサイトに合ったカスタマイズが出来るようになります。

Linux

ソースコードが全て公開されているオープンソースが最大の特徴であるLinuxは、セキュリティやコストパフォーマンスに優れ、企業のWebサーバを中心に シェアが拡がっています。

また、近年ではクラウドコンピューティングの普及が進みさらに注目度が増していますが、それに反して技術者が不足しています。

ICT専門学校ではLinux初心者の方を対象に、Linuxの基本操作からLinuxサーバ構築・運用管理まで学習しシステムの構築や運用管理技術を習得します。

目標取得資格
  • MOS検定
  • ITパスポート
  • Webデザイン技能検定
  • ACC&ACP(アドビ認定エキスパート&プロフェッショナル)
  • Photoshopクリエーター能力認定試験

お問い合せフォームへ