MQL4の為のエディタ

本日の担当は、”マサル”
日本語で”勝利”という意味です。

さて、MQL4の話の続き

そのまえに・・・

MQL4をプログラミングしている人の多くは
その記述の際に、MetaEditorを利用しているとおもわれる。
なんといっても標準でMT4についているし、そういう統合環境が提供されているわけだから、ふつうはMetaEditor使ってるだろう。

ただ、正直なところ、お世辞にも使いやすいとは言えない。

控えめに言って使いにくい。

で、先日の話、

Pythonのプログラムの入力に何かいいエディタがないかと同僚のH先生に伺ったところ、
NotePad++というエディターを教えていただいた。

で、

このエディターが、実は素晴らしかった。
どうやら、MQL4でも結構使っている人がいるらしい

そもそも、今までTeraPadとDreamweavorのエディット画面くらいしか使ったことのなかった私にとっては、
かなり感激な環境。

きっと、これから大活躍していくはず。

で、エディターを紹介したところで、本日は、おしまい。

MQL4の話は、また今度!

ちなみに、なぜか、NotePad++のキャラクターはカメレオン
いろんな言語のエディターとしてコロコロ変わることができるからカメレオンなのかな